“亂倫”の読み方と例文
読み方割合
らんりん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こんな亂倫な旗本の爲に十手捕繩の誇まで犧牲にして、楊弓の曲者を捕へるのが、何だか馬鹿々々しいやうな氣がしたのです。
おまへの妹は黄昏色の髮を垂れて、水のほとりに愁へてゐる、亂倫を敢てするおまへたち、ぞ願があるのかい、をして上げようか。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
宗助一語に、あらゆる自暴自棄と、不平憎惡と、亂倫悖徳と、盲斷決行とを想像して、是等一角れなければならない坂井
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)