“亂脈”の読み方と例文
新字:乱脈
読み方割合
らんみやく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
アンドレイ、エヒミチがあらた院長ゐんちやうとして此町このまちときは、病院びやうゐん亂脈らんみやく名状めいじやうすべからざるもので。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
アンドレイ、エヒミチは院長ゐんちやうとして其職そのしよくいたのちかゝ亂脈らんみやくたいして、はたしてこれ如何樣いかやう所置しよちしたらう、敏捷てきぱき院内ゐんない秩序ちつじよ改革かいかくしたらうか。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)