“塗付”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぬりつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“塗付”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 地理・地誌・紀行 > アジア25.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そこいらに干して在った葉服ぱふくを着込んで、原油オイルと粉炭を顔に塗付ぬりつけると知らん顔をしてポンプに掛かっていたが、混雑のサナカだったから誰にもわからなかった。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
しかしなるべく僧官に見付からないように、本堂などに来る時分にはその毛をくるっと耳に巻いて居る奴もあれば、顔一面に鍋炭なべすみとバタを塗付ぬりつけて毛のあるのを分らん様に隠して居る奴もあるです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)