“改革”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かいかく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“改革”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 経済 > 貨幣・通貨100.0%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語3.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
なんとか家政かせい改革かいかくしてくにはしら建直たてなほさむ、あはれ良匠りやうしやうがなあれかしと
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
此際このさい家政かせい改革かいかくして勝手かつてとゝのまをさでは、一家いつかつひあやふさふらふりて倩々つく/″\あんずるに
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)