“しきり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
74.1%
仕切5.5%
4.3%
3.1%
区劃2.4%
2.0%
為切1.2%
0.8%
断間0.8%
斷間0.8%
0.8%
瞬間0.8%
間断0.8%
仕劃0.4%
區劃0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
隔劃0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に後妻を勧めるものがあって、城下から六七里離れた、合歓の浜——と言う、……いい名ですが、土地では、眠そうな目をしたり
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
公衆電話函を二つ並べたようになっていて、入口に近い仕切の中で衣類を脱ぎ、その奥に入ると、白いタイルで張りつめた洗い場になっていて
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
が、何だか其ではか相済まぬような気もして何となく躊躇せられる一方で、矢張何だかに……こう……敬意を表したくてらない。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
奧樣が起きて來る氣色がしたので、大急ぎに蒲團を押入に入れ、の障子をあけると、『早いね。』と奧樣が聲をかけた。お定は臺所の板の間に膝をついてお叩頭をした。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
昔から釘附に為てあると計り思つて居た内陣と本堂との区劃の戸を開けると云ふ事は、からず小供の好奇の心を躍らせたが、愈々左から三枚目の戸に手を掛ける瞬間
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
肩に懸けたる手をば放さでるるを、宮はもて撃懲さるるやうに覚えて、安き心もあらず。なる汗は又一時流出でぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
長老様の仰せですが、ちよつと贄卓のある為切まで御足労を願ひたいと云つたのである。
暗い燈火の下に蒐つてゐる瑠璃子と女中達を、もつと脅かすやうに、風は空を狂ひ廻り、波はなしに岸を噛んで殺到した。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
重い柄杓に水を溢れさせて、口移しに飲まうとすると、サラリと髪が落つる。髪をいた顔が水に映つた。先刻から断間なしにつてるのに、周辺の青葉の故か、顔がよりも青く見える。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
先刻から斷間なしにつてるのに、四邊の青葉の故か、顏がより青く見える。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
にある枇杷古木熊蜂可恐をかけた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
賊共はちょっと驚いて一瞬間にわかに静まった。
郷介法師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
私は蝋燭けて外をった。外は真暗で、雨は間断なしにしとしとと降っていた。ぎいぎいという不思議の声は遠い草叢の奥にあるらしく思われたので、私は蝋燭を火縄に替えた。
二階から (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
俯目に、睫毛濃く、黒棚ツの仕劃を見た。袖口白く手をべて
印度更紗 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
また知るべし、區劃にてより下にある者は、己が功徳によりてかしこに坐するにあらず 四〇—四二
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
木盒を施し、それに十二の孔を穿てり。孔ごとにを伏せて、細き杖もて、そのを敲けば、蛙は哇然と声たてぬ。
『聊斎志異』より (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
「禍故重畳し、凶問に集る。永く崩心の悲みをき、独り断腸のを流す。但し両君の大助に依りて、傾命に継ぐ。筆言を尽さず、古今の歎く所なり」
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
郢人那得苦追尋 郢人追尋するを得ん(『景徳伝燈録』巻七大梅法常章)
僧堂教育論 (新字新仮名) / 鈴木大拙(著)
ちらほら梅の咲きそうな裏庭へ出て、冷い頸元にそばえる軽い風に吹かれていると、お島はに都の空が恋しく想出された。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
キチンと整頓された隔劃の中からウイグ・ニスと毛束を取出し、失礼ながら、といって加十の顎にニスを塗ると、細いピンセットを使って丹念に一本ずつ髯を植え始めた。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)