“黒棚”の読み方と例文
読み方割合
くろだな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
振離すと、まで落ちず、宙ではらりと、影を乱して、黒棚に、バツと乗る、と驚駭退つて、夫人がひたと遁構へのれた時であつた。
印度更紗 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
黒棚御廚子三棚きは、われら町家雛壇には打上り過ぎるであろう。箪笥長持挟箱金高蒔絵銀金具。小指ぐらいな抽斗を開けると、中がいのも美しい。
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と力なささうに、疲れたらしく、立姿のなり、黒棚に、柔かなを掛けたのである。
印度更紗 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)