悪霊あくりょう
二月ばかり前の事であるが、N某という中年の失業者が、手紙と電話と来訪との、執念深い攻撃の結果、とうとう私の書斎に上り込んで、二冊の部厚な記録を、私に売りつけてしまった。人嫌いな私が、未知の、しかも余り風体のよくない、こういう訪問者に会う気に …
作品に特徴的な語句
物柔ものやわらか はじ いず ほしいまま かち 斜向すじむかい おびやか ひそ 居所きょしょ あわ いわ つの おお おびや のぞ はじ ぜん きわ ぼう がら 博士せんせい あるい 引釣ひっつり 嗄声しわがれごえ りゅう にわとり 首肯しゅこう 饒舌じょうぜつ かわ 雛鶏ひよっこ 随意ずいい 鉄板てついた やわら にぎや ついや なじ たず いちじる おと たま まま うたがい 留置とめお はなはだ ため なめら 泥溝どろみぞ 気兼きが ななめ わざ あわただ 怪鳥かいちょう のち 度目たびめ 女形おんながた 天日てんじつ かたま こう 嗄声しゃがれごえ すま すべ 円卓テーブル におい にわ 使つかい 仮令たとえ あらかじ 向側むかいがわ 端書はがき わず 筆稿ひっこう 筆蹟ひっせき はず 箱根はこね ただ 素情すじょう 絹絲きぬいと そば 継起けいき 一聯いちれん おれ ふち 俯伏うつぶ 縹緻きりょう しか くちびる もも