“糸巻”のいろいろな読み方と例文
旧字:絲卷
読み方割合
いとまき71.4%
いとま28.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、仕事机の抽斗けたままにしている。毛糸、針、白、赤、黒の糸巻の間に、にんじんは、いくつかの銀貨を発見した。
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
そして麻糸かれるにつれて、糸巻はくるくるとほぐれて、もう部屋の中にはたったまわり、になっただけしか、っていませんでした。
三輪の麻糸 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
それから、おばあさんは、女の子の手からのなかへすべりおちた糸巻きもかえしてくれました。そのとき、門がしまりました。
は、にもあきてくると、から、糸巻きをして、そのいて、みはじめていました。にきらきらとひらめきました。
灰色の姉と桃色の妹 (新字新仮名) / 小川未明(著)