“いとま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イトマ
語句割合
69.5%
29.2%
0.4%
糸巻0.3%
0.1%
告別0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「それが、親分さんの信用でございます。あまり遅くなると店の方が面倒になりますから、これでおいたします。それではどうぞ」
其他生理学上に於てに詩家の性情を検察すれば、神経質なるところ、執着なるところ等、類同の個条蓋し数ふるにあらざる可し。
厭世詩家と女性 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
彼は片手でを命じて、また書き物にとりかかった。
は、にもあきてくると、から、糸巻きをして、そのいて、みはじめていました。にきらきらとひらめきました。
灰色の姉と桃色の妹 (新字新仮名) / 小川未明(著)
彼はどこの女の宮ならざるをも忘れて、その七年の憂憤を、今夜の今にして始て少頃破除するのを得つ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
に得難かりしこのこそ、彼が宮を失ひし以来、これにへて望みに望みたりし者ならずとんや。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
かれこれ四五十日がほどは帰省の機会を得ざるべく、しばしの告別かたがた、一夜帰京して母の機嫌を伺いたり。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
女房が死んで百ヶ日もまないうちに、後添の話でもあるまいと言ふのと、お角には先の亭主の子で、四つになる幸三郎といふ伜があるので、いづれ年でも明けたら、幸三郎を里にやつて
「武蔵は、この辺の土地が、好きだった。それは自分の生れ故郷の景色と、この辺の景色がよく似ているからであった。があると、岩殿山へ遊びに来て、幼い日のことを思い出していた」
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)