灰色の姉と桃色の妹はいいろのあねとももいろのいもうと
あるところに、性質の異った姉妹がありました。同じ母の腹から産まれたとは、どうしても考えることができなかったほどであります。 妹は、つねに桃色の着物をきていました。きわめて快活な性質でありますが、姉は灰色の着物をきて、きわめて沈んだ、口数の少 …
作品に特徴的な語句
はん うえ ぼん すく あや この 気質きしつ かか さお はは やわ 明日あした ほう 糸巻いとま 性質せいしつ きゅう せい はら のち 往来おうらい 彼女かのじょ 店頭てんとう わか くる ひだり 少時しばし 西洋せいよう いえ かど あね よる おお あいだ かたむ ひか あお はい 内部ないぶ つめ 顔色かおいろ わか あざ 別々べつべつ おと しず にん なか 黒髪くろかみ かた みみ だま かんが うつく 温室おんしつ みどり むらさき 灰色はいいろ あか 熱心ねっしん たか かみ いと こた 物音ものおと ひと わら 一人ひとり ひとみ 病気びょうき しろ 真紅まっか ねむ くろ 着物きもの またた まち 黄色きいろ とり そら 黒山くろやま