“糸口”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いとぐち90.0%
いとくち10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しているのでも無く、れているのでも無いらしい。が、何かと談話をしてその糸口を引出そうとしても、夫はうるさがるばかりであった。
鵞鳥 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
しかし、三は、いつとはなしにりますが、もし、ちゃんがいなかったら、そう容易ける糸口つからなかったかもしれません。
春の日 (新字新仮名) / 小川未明(著)
物言へばひの糸口引出し、いてんでれ/\のに、さりともくからぬ夫婦ふしのこなしれがたく、貴郎うなされ、あなされとへば
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)