鵞鳥がちょう
ガラーリ 格子の開く音がした。茶の間に居た細君は、誰かしらんと思ったらしく、つと立上って物の隙からちょっと窺ったが、それがいつも今頃帰るはずの夫だったと解ると、すぐとそのままに出て、 「お帰りなさいまし。」 と、ぞんざいに挨拶して迎えた。ぞ …
作品に特徴的な語句
急遽せわ ふたた じき てん 交際こうさい おっしゃ ただち いだ 鵞鳥がちよう みね 大風たいふう おおき きび くるし おもい もう みと うれい いだ こら かえ きび うたぐ さと ひど 木彫もくちょう かんがえ 彫刻ちょうこく 御首みぐし 一家いっか 徹底てってい 平常いつも 忍術にんじゅつ 布袋ぬのぶくろ にわとり あた あら たっと 中婆ちゅうば たく らん きら わか うるお 女気おんなぎ だれ 談話だんわ 奥様おくさま 水滴すいてき 謀計ぼうけい げき 今日きょう おおい 気色きしょく 気中きあた 戦闘せんとう もとい たっと 仕上しあげ 土坡どば あつか 贋物がんぶつ 赤剥あかむ 仕合しあわ やわ あやう 初夏しょか 晩食ばんしょく 明治めいじ とう 顔色かおいろ 提起ていき 過程かてい 勃然むっ よう げん 理詰りづ あいだ かんむり