“木彫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きぼり66.7%
もくちょう24.4%
きぼ6.7%
もくてう2.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「君はどうかしてるよ、あの銀の針金のような白髪と、木彫のようなとがわからないかい、なにがなのだ、六十の狼女かい」
草藪の中 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
が、数年前に、その道を隠退してからは、好きな木彫や読書にり、号を江漢漁史といって、外へ出るのも、書画会ぐらいなもの。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかし紋也の表情は、木彫りの面のそれのように、微動をさえもしなかった。ただし右の手はしっかりと、刀の柄にかかっていた。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
乾漆木彫かとて役人がゆびもてく如意輪の像
註釈与謝野寛全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)