“土坡”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
どは50.0%
どば33.3%
どて16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“土坡”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
お留守居組のわしは、その長い列の行く手を、お城の土坡どはから見送っていた。とめどなく流れる涙も拭わず見送っていた。
茶漬三略 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
組々の士隊長は、お城の土坡どはに立って、法螺ほらのような声で怒鳴った。
茶漬三略 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのとばりを挟んで、少し先の土坡どばの向う側には、長岡佐渡の床几場しょうぎばがあった。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鵞鳥がちようを。二の鵞鳥を。薄いひらめな土坡どばの上に、おすの方は高く首をげてい、めすはその雄に向って寄って行こうとするところです。無論小さく、写生風しゃせいふうに、鋳膚いはだで十二分に味を見せて、そして、思いきりばしたくびを、伸ばしきった姿の見ゆるように随分ずいぶん細く」
鵞鳥 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
荘子の腰を下している黍畑きびばたけの縁の土坡どての前は魏の都の大梁たいりょうから、韓の都の新鄭を通り周の洛邑らくゆうに通ずる街道筋に当っていた。
荘子 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)