“御菜”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おかず44.4%
おさい44.4%
ごさい11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御菜”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「しかしそれだけじゃないのだからな。精細なる会計報告が済むと、今度は翌日あす御菜おかずについて綿密な指揮を仰ぐのだから弱る」
琴のそら音 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
御常はまた飯櫃おはち御菜おかず這入はいっている戸棚に、いつでも錠をろした。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
あきらにいさん、御飯ごはんでせう。御飯ごはんなら持つてよう。阿母さんが留守だから御菜おさいは何も無いことよ。』
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
三階に来た時、細い廊下の曲り角で一人の女がなべ御菜おさいを煮ているのに出逢であった。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
御菜ごさいの油屋が名親になって、ちかという凡下の娘に成り変り、至極無造作に金十郎の長屋におさまった。
奥の海 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
豆腐が好きで、何年となく御菜ごさい(出入り御用商人)から借りては食い、借りては食いしているうちに、塵積もって山となり、償う方便がたたず、嘉代という三ノ姫を、時を切って豆腐屋へ質においたという話は、金十郎も聞いていた。
奥の海 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)