“鐵槌”のいろいろな読み方と例文
新字:鉄槌
読み方割合
かなづち44.4%
てつつゐ33.3%
つち11.1%
てつつい11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
八五郎が見せてくれた左の耳には、半分ほど打ち込んだ大疊針の頭が光り、側には念入りに鐵槌まで投り出してあるではありませんか。
けれども勞働者の唄はえなかツた。車輪鐵槌の響とがごツちやになツてえるばかりだ。
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
く——ああ鐵槌
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)