“じゃくし”の漢字の書き方と例文
語句割合
杓子100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
認識への道の下にある、心を型どった池の中にはおたま杓子がうようよいて、空缶にいっぱいすくって帰って来たものだ。
落合町山川記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
前様、学校で体操するだ。おたま杓子で球をすくって、ひるてんのっこをすればちゅッて、手毬なんか突きっこねえ、)と、先生様の前だけんど、一ツ威張ったよ。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)