“しゃもじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
杓子70.0%
杓文字20.0%
飯匕10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それからチースの料理で美味いのはマカロニチースで先ず御存知の通りバター一杯を溶かしてメリケン粉一杯を杓子しゃもじで攪き廻しながらよくいためて牛乳を一合ばかりして塩胡椒を加えて白ソースを作ります。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
米櫃の蓋をあけると、玉汗はまず杓子しゃもじでご飯を二つに分けて、一方を蓋に移した。
酒徒漂泊 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
木鉢きばち杓子しゃもじを始め胡桃くるみの一枚皮で出来たや、山芝で編んだ「びく」即ち背負袋や、しなの木の皮のみのなど、いずれもこの土地あってのものであります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
銅壺どうこの湯をして、杓文字しゃもじで一つ軽くおさえて、
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
すると、その言葉が何か魔除まよけの呪文じゅもんででもあったかのように、塀の上の目鼻も判然としない杓文字しゃもじに似た小さい顔が、すっと消えた。
春の盗賊 (新字新仮名) / 太宰治(著)
凉炉と膳との蔭に土鍋が置いてあって共に飯匕しゃもじが添えて有るのを見れば其処らに飯桶おはちの見えぬのも道理である。
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)