“しやもじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
杓子75.0%
杓文字25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
などと、お靜が杓子しやもじを持つて追つ驅けた時は、二人の姿はもう、お臺所から金澤町の角へ消え込んで居りました。
「今朝、味噌汁を拵へるとき、お夏さんは小出しのかめから、杓子しやもじで味噌を取つて鍋へ入れたことだらうな」
或る時、女中が杓文字しやもじの影を壁に映した。
僕の孤独癖について (新字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)