“柄杓子”の読み方と例文
読み方割合
えびしゃく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それより普通の漆器で出来のよい「わっぱ」だとか、柄杓子などを選びたく思います。「わっぱ」は曲物の弁当箱で別に汁入もえます。手堅い品になると布引であります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
からと、水桶に柄杓子が鳴った。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)