“大杓子”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おおしゃくし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大杓子”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
黒雲に飛行ひぎょうする、その目覚しさは……なぞと、町を歩行あるきながら、ちと手真似で話して、その神楽の中に、青いおかめ、黒いひょっとこの、扮装いでたちしたのが、こてこてと飯粒をつけた大杓子おおしゃくし
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)