“曲物”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まげもの68.0%
くせもの32.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もう尾瀬沼に近い随分不便な村ですが、ここで色々面白い品にり会います。手彫刳鉢曲物の手桶や、風雅な趣きさえ感じます。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
牧場、牧舎の見廻りが一通り済んで、小舎へ帰って、二人水入らずの晩餐の後、番兵さんは一個の曲物を、茂太郎の前に出して言う
大菩薩峠:28 Oceanの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
文三は恐ろしい顔色をしてお勢の柳眉めた嬌面疾視付けたが、恋は曲物、こう疾視付けた時でもお「美は美だ」と思わない訳にはいかなかッた。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
六郎は曲物と思ったので、の体を見せないようにと、ちょと己を見返って、それが木立の陰になっているのを見極めると、急いで雨戸の方へ眼をやった。
頼朝の最後 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)