“玄蕃允”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
げんばのじょう60.0%
げんばのすけ40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、当の玄蕃允は、勝助家照の憂いなどは、もとより意にもなかった。彼は直接、叔父勝家の帷幕へ臨んで、居合わせた衆臣を尻目
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今さらの如く愕然とした玄蕃允はいうことばすら欠いて、こう唇を噛んだまま、しばし黙然と蒼白な面をじっと仰向けていた。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
当時、織田の長臣柴田修理亮勝家は、上杉景勝を討つべく、佐々内蔵助成政、前田又左衛門利家、佐久間玄蕃允盛政、及び養子伊賀守勝豊以下を率いて、越中魚津に在陣中であった。
賤ヶ岳合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
佐久間玄蕃允盛政、従う者は、弟保田安政、佐久間勝政、前田又左衛門尉利家、同子孫四郎利長等を始めとして、徳山五兵衛、金森五郎八長近、佐久間三左右衛門勝重、原彦治郎、不破彦三
賤ヶ岳合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)