“佐久間玄蕃”の読み方と例文
読み方割合
さくまげんば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
佐久間玄蕃中入懈怠のためか、柴田勝家合戰れて、城中一息湯漬所望して、悄然へとちてく。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
以前、の合戦の折、柴田どのの佐久間玄蕃が、勝ちに乗じて、それをやった。総じて、味方の危機は、味方のすべてが、勝ったと思うときに生じやすい。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
廻廊をまわって、佐久間玄蕃は次の間の、すそへ来て平伏した。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)