“佐久間信盛”の読み方と例文
読み方割合
さくまのぶもり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
老獪にして経験ふかき信玄の戦術は、まだわかき家康の敵すべきところではなかった。援軍の将佐久間信盛まず敗れ、おなじく滝川一益も戦場を捨てた。
死処 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
そしてまた、藤吉郎などへ、君命が下らないうちにとあわてて、佐久間信盛こそ適任であろうと推薦した。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こうちたのは、松永久秀の密使が、大坂の本願寺へ援軍をたのみに行く途中、まちがって寄手佐久間信盛の陣へまぎれこみ、手もなく、捕まってしまったことが、一因である。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)