賤ヶ岳合戦しずがたけのかっせん
天正十年六月十八日、尾州清洲の植原次郎右衛門が大広間に於て、織田家の宿将相集り、主家の跡目に就いて、大評定を開いた。これが有名な清洲会議である。 この年の六月二日、京都本能寺に在った右大臣信長は、家臣惟任日向守光秀の反逆に依って倒れ、その長 …
作品に特徴的な語句
おわしま おおせ かな いず ごしら ただち あせ 夕陽せきよう 如何いかが もっとも ただ 腰刀ようとう あらかじ にわ 堂木どうぎ きま ずつ 宿々しゅくしゅく だけ ねんごろ それがし 正治まさはる なぎさ つい すぐ くら ひそ おのずか ばか よしみ 豊鑑ふかん しず 郭公ほととぎす ばん くだ 一方ひとかた 一氏かずうじ 一矩かずのり 三位さんみ 上方かみがた うち 中原ちゅうげん かね あだ 今市いまいち 何人なんぴと 兎角とかく 則房のりふさ 勝入しょうにゅう 匠作しょうさく 取縋とりすが 嘲笑あざわら めぐ 垂井たるい おびただ 大鼾おおいびき はら 孝隆よしたか いず 宝寺たからでら ひそ むし 将監しょうげん 小寺おでら 小谷おだに 川角かわずみ 忠興ただおき たちま 忿懣ふんまん 恟々きょうきょう 悄然しょうぜん 惟任これとう 慇懃いんぎん あきた あわ はばか 折角せっかく 拝郷はいごう くく 擡頭たいとう ゆえ かたき 早急さっきゅう これ 昵懇じっこん 時鳥ほととぎす 暁方あけがた いとま さら 最早もはや 朝夕ちょうせき 朱漆しゅうるし