“匠作”の読み方と例文
読み方割合
しょうさく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
盛政「匠作(勝家の別名、つまり修理亮の別名である)それほど老ぼれたとは知らなかった。軍の事は、盛政に委せて明日は都へ進まれる支度をした方がいい」
賤ヶ岳合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
さてさて、わがお匠作といい、並居る歴々の衆といい、みな歯がゆいほど、お人のよい方々ばかり——
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「なるほど、匠作(勝家のこと)にはよい家の子をお持ちではある。……どれ、ひとつ参らそう」
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)