“小寺”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おでら66.7%
こでら33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
五陣生駒甚助政勝、小寺おでら官兵衛孝隆よしたか、木下勘解由左衛門尉、大塩金右衛門、山内一豊。
賤ヶ岳合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
御著ごちゃくの城主、小寺おでらの家老の子、まだ三十二、三だが」
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
だから納所なっしょにいるお小僧までが——もっとも小寺こでらなのでほかに住僧はないが——びたびたという尻切れ草履ぞうりが寺内に聞えてくると、
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)