“御著”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごちゃく50.0%
ごちやく50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朝の微光がさすと、彼はさっそく思い出していてみた。それは播磨御著小寺政職から荒木村重へ宛てた書面である。文意をれば——
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
官兵衛孝高は、あの次の日、父宗円の主筋にあたる御著の城主小寺政職のところへ急ぎ、やがて政職に目通りしていた。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
此駅鮧魚なり。方言牛の舌といひ又略して舌といふ。加古川を渡り阿弥陀宿村をすぎ六騎武者塚(里俗喧嘩塚)といふを経て三里御著駅に至り一里姫路城下本町表屋九兵衛の家に宿す。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
ばかりに御著
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)