“一氏”の読み方と例文
読み方割合
かずうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
泉州岸和田の孫兵次(中村一氏)へ、これも念のため、黒田官兵衛、生駒甚助、明石与四郎などの手勢六、七千を加勢として送りつけておくことも」
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
近江甲賀郡土岐多羅越より、甥三好秀次、中村一氏等を第二軍(二万)として大君畑越より、秀吉自らは第三軍(三万)を率いて安楽越よりして、伊勢に侵入した。
賤ヶ岳合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
九鬼仙石、中村一氏の諸軍は、さらに熊野へ進攻した。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)