“縈廻”の読み方と例文
読み方割合
えいくわい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
縈廻して悠揚らず南に晴れやかに去る風情はまことに面白く、兩岸の巖壁沙汀のさまも好く、松や雜樹畫意簇立つてゐるのもうれしい。
華厳滝 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)