“縈”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
めぐ90.0%
まつ10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
歳月を送ッたを惜しい事に思ッているのか? 或は母の言葉の放ッた光りに我身を暗黒を破られ、始めて今が浮沈の潮界
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
路はすべて杉の立樹の蔭につき、りて上りはすれど、下りということ更になし。三十九町目あたりに到れば、山に開けて眼の下に今朝より歩み来しあたりを望む。
知々夫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
のとも定らねど、われもでたきものにこそ思ひれ。さいつ頃までは、あまた飼ひしが、あまりに馴れて、身にはるものをイイダいたく嫌へば、皆人に取らせつ。
文づかひ (新字旧仮名) / 森鴎外(著)