いなか、の、じけん
村長さんの処の米倉から、白米を四俵盗んで行ったものがある。 あくる朝早く駐在の巡査さんが来て調べたら、俵を積んで行ったらしい車の輪のあとが、雨あがりの土にハッキリついていた。そのあとをつけて行くと、町へ出る途中の、とある村外れの一軒屋の軒下 …
作品に特徴的な語句
わた 光線レントゲン 母親かかさん しょう 首肯うなずき 一時いちどき 孩児ややこ 天道てんどう したじ まぶ づら しゃ 昨夜ゆんべ 普通あたりまえ 医師せんせい 徳利どくり そびやか 美味いし 万一もしも かつ あたし すこ っか ただ おも うずく 美人さん 胎児はらみご 平生ふだん 届出とどけで もり はず かた よね 竹片たけべら ひで かれ あが みつ めん ひょう 羞恥はにか 後退あとじさ のち 父親てておや 鹿 一足いっそく 平生いつも ちょう 巡査おまわり じじい 態度ようす かみ しま 潮煮うしおに 素裸すはだか ずつ かか わたし 狃染なじみ おと 猪口ちょこ 蓬々ほうほう たきぎ 仔細わけ ゆびさ 堕胎おろ こぞ とも 袢纏ばんてん ひっさ 頬冠ほおかぶ 住居ずまい 記憶おぼ かす だま またが 目貫めぬ 刺青いれずみ いざ やみ まぶ 口論いさかい