“階子段”の読み方と例文
読み方割合
はしごだん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
階子段を上がって、編輯局の戸を開けて這入ると、北側の窓際に寄せてえた洋机を囲んで、四五人話しをしているものがある。
長谷川君と余 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
隅の階子段て空ざまに髯をいた。見よ、下なる壁に、あのの毛皮、なる筒袖の、抱着いたごとく膠頽として掛りたるを——
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
窮屈な階子段をややよろよろしながらのぼって、重い戸をあけようとすると外気の抵抗がなかなか激しくって押しもどされようとした。
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)