“緋緘”の読み方と例文
読み方割合
ひおどし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
没分暁漢の一巡査であるが、生理学教室に雛を祭ることにおいて、一石橋の朧月一片の情趣を会得した甲斐に、緋緘の鎧の袖に山桜の意気のしさに堪えんで。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)