“かか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カカ
語句割合
18.4%
15.5%
13.3%
8.4%
6.9%
4.5%
3.9%
2.8%
2.5%
2.3%
呵々2.3%
2.1%
2.1%
1.5%
1.4%
1.2%
1.2%
1.0%
0.8%
0.6%
0.5%
0.5%
媽々0.5%
0.5%
0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
花下0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
女房0.1%
0.1%
賈華0.1%
依怙0.1%
0.1%
召抱0.1%
0.1%
0.1%
媽媽0.1%
0.1%
嬶々0.1%
家花0.1%
寄食0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
碇泊0.1%
禾稼0.1%
窠下0.1%
継母0.1%
繋留0.1%
0.1%
華化0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
鍵掛0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この年は初めて悪性の世界的流行感冒が流行った秋のことで、自分もその風邪ったが、幸いにして四、五日の軽い風邪で済んだ。
狂乱 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
吉原江戸町三丁目佐野槌屋のえ遊女、美貌無双孝心篤く、父母の年忌に廓中そのほか出入りの者まで行平鍋を一つずつ施したり
それでも箱の中が気にって、そわそわして手も震い、動悸の躍るのを忘れるばかり、写真でえて、一生懸命になってを開けた。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
年は二十を多くは出ていなかったゞろう。が、そうした若い美しさにもわらず、人を圧するような威厳が、何処かに備わっていた。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
下僕は「それでもいうたら大変に怒られるから仕様がない。」「そんならこの儘打棄って置いてもよいか。一月ってもよいのか。」
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
「主君のお身が大事。善助どの、太兵衛どのは、ここにわらず先へ行ってくれ。——於菊どのの身は、わしがねて後から出る」
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
北嶺より入山あって、釈迦堂行在所にあてられ、即刻、みことのりを発せられたうえ、坊舎の上に高々と、錦の御旗をおげでおざった
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
二百八間の大橋がっていたものとみえるが、その年、天文二十一年の夏の頃には、まだまだこの地は、乱世乱麻の合戦の真ッただ中。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
る重大のことを惹き起せしも、遠因は、「ひよつとこ鈎」に在りと想へば早く歯科医に見せざりし、鯰の口中こそ重ね重ねの恨みなれ。
釣好隠居の懺悔 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
彼が在職の日たる、外交上の一大過渡の一大時機たりしにわらず、彼は事実においては、外交の上について多くの関渉を有せざりき。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
然るにM男爵閣下には小生のかような窮状を見て呵々大笑されました。そうして小生の旅行免状を返却されながら次の如く訓戒をされました。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「旦那、御心配なせえますな。𤢖なんて云うものは、意気地のねえ奴ですから、もうって来る気配いありませんよ。はははは。」
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
葬式はアにうで来た。もう死んどろ、死んどるかも知れん。わしはこの胸ん中が張り裂きゅごたる。先生、えたっちゃよかろ。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
買いものの好きなお銀は、出たついでにいろいろなものをこまごまとえて、別の通りからえした顔をして家へ帰って来ていた。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
私は今挙げたような造営物の維持を助けている——それだけでも随分りますよ。暮しの立たない者はそこへ行くが可いのさ。
「こけめ、その手をくふものか、ここでは死ぬまでゐてやる、おの家にゐるのに何遠慮がいるもんか、や、なこつた。」
(旧字旧仮名) / 室生犀星(著)
その犯罪手段や探偵方針のハイカラかハイカラでないかにっているものでない事は、一八〇〇年時代の探偵記録や裁判聞書
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
日常身辺の事一として話の種ならざるはなし。然れども長屋の金棒引くは聞くにへず識者が茶話にはおのづと聞いて身のとなるもの多し。
小説作法 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
る田舎の習慣で、若い男は、忍んで行く女の数の多いのを誇りにし、娘共も亦、口に出していふ事は無いけれ共、通つて来る男の多きを喜ぶ。
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
その中に三体詩の零本があったから、枕頭の灯をげて、『行尽江南数十程、暁風残月入華清』などという詩を繰返し繰返し読んでいる中につい夢地に入った。
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)
えしまま、床上に片膝をつきて眠る。領主は傍の寝台の上に仆れて眠る。使女や童はいつしか退場、従者は壁によりかかりて眠る
レモンの花の咲く丘へ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
外へ出ると、そこらの庭の木立ちに、夕靄っていた。お作は新坂をトボトボと小石川の方へ降りて行った。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
え、千ちゃん、まあ何でもいから、お前様ひとつ何とかいって、内の御新造様を返して下さい。裏店媽々が飛出したって、お附合五六軒は、おや、とばかりで騒ぐわねえ。
清心庵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
けれどこの頃にはもはや一人減り、二人減りして、毎日さずに来る子供は僅かに一人しかなかった。その子供はこの町の、貧しき家の子であった。
(新字新仮名) / 小川未明(著)
新聞に在る通だけれど、不具になるやうな事も無いさうだが、全然くなるには三月ぐらゐはどんな事をしてもるといふ話だよ。誠に気の毒な、それで、阿父さんも大抵な心配ぢやないの。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
計略が露顕したのは、あなたのせゐぢやありませんよ。あなたは私と約束した通り、アグニの神のつた真似を
アグニの神 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
信吾は心に、ういふ連想からか、かの「恋ざめ」にれてある事実——あれを書く時の作者の心持、否、あれを読んだ時の信吾自身の心持を思出してゐた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
左右のを、高くげていた武蔵は、そのみに、海水の中へ、軽く跳び下りていた。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
準平は平素県令国貞廉平の施設になかったが、宴なる時、国貞の前に進んでを献じ、さて「おは」と呼びつつ、国貞にいて立ち、げてしたそうである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
魯達もててを合せる。——見れば長老の上人は、払子を払って、やおら禅椅った様子。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「実はその、何です。この一月ばかり病気をやってな、それで家内が連れて此家へ来ているですて。いや千々岩さん、だの子だの滅多に持つもんじゃないね。金もうけは独身に限るよ。はッははは」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
女世帯の絵草紙屋を棄てて、華族のにしたというので、くこの深川ッに軽蔑されるよ。はははは
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
りの枝を通す夕日を背に、暮れんとする晩春の蒼黒く巌頭をどる中に、楚然として織り出されたる女の顔は、——花下に余を驚かし、まぼろしに余を驚ろかし、振袖に余を驚かし
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
と雑所は、しっかと腕組をして、椅子のりに、背中を摺着けるばかり、びたりと構えて
朱日記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「どうしました、大分落胆の気味だね、新情婦も出来ませんか。」と源次郎は三味線のった柱にれて澄ましている。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
首肯う。老人はげて笑う。兄さんは知らぬ顔をしている。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
に爾も知る如く、年頃われ曹彼の金眸をと狙ひ。機会もあらば討入りて、が髭首んと思へと。怎麼にせん他が棲む山、にして案内知りがたく。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
昔天をげていたアトラスの神のように、6405
麹町の方へしずかにその乗物をせて行った。
番町皿屋敷 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
この場を去らず刺殺さまほしう、心はり、躍り襲らんと為るなりけり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
十兵衛がのっそりで浮世の怜悧な人たちの物笑いになってしまえばそれで済むのじゃ、連れ添う女房にまでも内々活用の利かぬ夫じゃとたれながら
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
情ないこのはよと、羨ましいがつい高じて女房にも口きかず泣きながら寝ましたその夜のこと、五重塔を作れ今すぐつくれとろしい人にいいつけられ
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
それは只今言った通り蛇の腹の多数の麟板の後端が格子の木の外面にある些細な凸起にり着いて、を損せずに尾を持って引き出し得ぬと判り
それから蜥蜴の腹をさに撫でるに滑らかなれど、蛇の腹を逆撫ですると鱗の下端が指にる。また無脚蜥蜴は蛇の速やかに走るに似ず行歩甚だ鈍い。
なにも、それならそれで、よろしいではありませんか。そっと、大将賈華へお命じなさい。甘露寺の回廊の陰に、屈強な力者や剣客の輩を
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
賈華かもしれません」と、云いのがれた。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
子供を沢山っていた彼の父は、も健三に依怙る気がなかった。今に世話になろうという下心のないのに、金を掛けるのは一銭でも惜しかった。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
婦人は普通の俗字だも知るはにて漢字雅言を知らず仮名使てにをはだにもへずすらこころ得ざるに、ただ言語をのみもて教へてするわが苦心はいふべうもあらず。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
その兄弟のために召抱え入れた乳母が、ある時
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
第三に尋常のものと違って、いの西洋館らしく、一面に仮漆っていた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「今夜あ一つ、引っ越し酒といきましょうや。小二のとおふくろは、金を持たせて、これも遠くへ隠してしまいましたから、こちはもう、足手いも何もありません」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
村の男 先生と張公の媽媽じゃ、辛抱がええわえ。今年でもう六年じゃ、毎日毎日、あの坂の上で、張公の帰りを待ってるが、なんぼ待ったところで、水に溺れて死んだ者が戻るもんか。
平面か斜面になっているのにこの雪田はんど立体になって、狭い代りに厚味がある、北風で崖へ崖へと吹き寄せられって尖立したまま、凝って雪山となったのであろう、月影を浴び
奥常念岳の絶巓に立つ記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
御身たちもよく覚えて、お社近村里の、嫁、嬶々、娘の見せしめにもし、かつはへも町へも触れい。布気田
多神教 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
このように、一上に雄花雌花とを持っている植物を、植物学上では一家花植物と呼んでいる。すなわち雌雄同株植物である。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
お庄は母親と、また湯島の下宿に寄食っていた。正雄は、横浜から来るとじきに築地の方にいる母方の叔父の家に引き取られるし、妹は田舎で開業した菊太郎の方へ連れられて行った。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
そうしてそれから閑静書斎って……名医って頭痛療治でもしてらったら、しいはもうこの人間らしい生活をしないが、それにしてもここはにいやなだ。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
動物は、猿、山羊、モルモット、白ねずみ、兎——特殊なものとしては、鼠癩につた白ねずみが、三匹、特別の箱に這入つてゐた。
間木老人 (新字旧仮名) / 北条民雄(著)
君子の事にらひてよりは、忘るるともなく忘れゐしなれど、もとよりこれもいな舟の、いなにはあらず思へるにて、捨小舟としたる心にもあらず。
当世二人娘 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
その請に応じて、山嶽、大巌を抜き、自分の身上にあるだけの無数の石をげて幾回となく海浜に積み、ついに大陸と島地の間にけ渡した。
露ふくめる朝顔の鉢二つ三つ軒下に持出でて眼の醒むるばかりに咲揃いたる紅白瑠璃の花をともなく見入れるさま、画にばやと思う図なり。
銀座の朝 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
経世家的儒者中井竹山が山崎派を排斥して、竹内式部の事例に及び「『靖献遺言』を主張し、げて横議し、目前の大害を引出し候」と掊撃したるを見れば
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
船は門司る。小春の海は浪おどろかず、風も寒くない。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
しとしという尋常らしい跫音が、今はびちゃびちゃと聞えて来た。水ならまでろう深さ、そうして小刻くなったが、水田蹈込んで渡るのをから聞く位の響き。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ったら、まっとるべい。)
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そしてそれから数十年の後、それらの老優たちの名が、たしか昭和十七、八年頃かと思うが、本所の寿座にっていたようであった。何かでそれを知って、なつかしく思った事であった。
なお彼の眼と手とは動いて、そこにあったズックの布を引裂きにかかったが、ついに及ばず、そのズックの布をえたままその場にどっと転がった。
空中漂流一週間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
その日の夕方も、まだ日の高いうちに、野崎島をめぐって神之浦へ切れ込むと、そこへ山のような和蘭陀船が一艘碇泊って、風待ちをしているのが眼に付いた。
名娼満月 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
禾稼を見るに、春種し夏苗し秋刈り冬蔵す。秋冬に至れば人みなその歳功の成るを悦び、酒を造りり、村野歓声あり。て西成に臨みて、歳功の終るを哀しむものを聞かず。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
在来の雌雀老いて痛き目を見るを悲しんで烏の窠下におり雨降るに気付かず、烏の窠中に色々に染めた布片あり、雨に溶けて老雀に滴り燦爛たる五采孔雀のごとしと来た
「挨拶、ふん、挨拶、あの横柄継母が、ふんちっとばかい土産を持っての、言い訳ばかいの挨拶じゃ。加藤のから二三度、来は来たがの——」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
チャイナ号の向い合わせに繋留っていたアラスカ丸の船長……貴下発見て拾い上げた……チャイナ号へ面当みたいに小僧の頭をでて、慰め慰め拾い上げて行った……という話なんです。
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
楚の昭王は、陳を援けるために兵を城父に進めていたが、その時、孔子の一行が、陳・蔡の国境にいることを知った。で、すぐ使をやって彼を楚にえようとした。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
なるほど若年のころはやかなるはいうまでもないが、頭の白きも、の波も、華化することはできぬであろうか。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
此の指圖めいたことをされたのが、また氣にツて、甚だ自分の尊嚴を傷つけられたやうに思ふ。でも直に思ひ復へして
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
葉子は口笛を吹きながら、セルの単衣げて上がって行くと、幼い時分から遊びれた浜をわが物顔にずんずん歩いた。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
鮎をけてゐるのであらう、編笠を冠つた背の高い男が、腰まで水につて頻りに竿を動かしてゐる。種鮎か、それともつたのか、ヒラリと銀色のが波間に躍つた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
「ヘエ。それは貴方……それならこのの裏からお這入りなさいまっせえ。表の戸口は鍵掛ってはおりまっせんばってん、裏口の方からは眼立ちまっせんけに……どうぞ……」
山羊髯編輯長 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
手で叩く真似をすると、えへへ、と権ちゃんの引込んだ工合が、は結ばないが、姉さんの妖術ったようであった。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
白日 青天にる。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)