“裏店”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うらだな98.8%
うらたな1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
肴屋、酒屋、雑貨店、その向うに寺の門やら裏店の長屋やらがって、久堅町の低い地には数多の工場の煙筒が黒い煙をらしていた。
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
伝ふる所に従へば、父玄道は人となつて後久しく志を得ずに、某街の裏店に住んでゐた。家に兄弟十八人があつて、貧困甚だしかつた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
浮世小路から帰って来た御免安兵衛、雲母橋際裏店に寝そべって、しきりに昨日のことを考えている。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)