“掊撃”の読み方と例文
読み方割合
ほうげき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
経世家的儒者中井竹山が山崎派を排斥して、竹内式部の事例に及び「『靖献遺言』を主張し、げて横議し、目前の大害を引出し候」と掊撃したるを見れば
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)