アグニの神アグニのかみ
支那の上海の或町です。昼でも薄暗い或家の二階に、人相の悪い印度人の婆さんが一人、商人らしい一人の亜米利加人と何か頻に話し合つてゐました。 「実は今度もお婆さんに、占ひを頼みに来たのだがね、——」 亜米利加人はさう言ひながら、新しい煙草へ火を …
作品に特徴的な語句
コハ 明日アシタ ウチ おほ かう かか しはが はづ にほひ かへ しや 仰向あふむ 往来わうらい かか 毫光ごくわう 狡猾かうくわつ かは 退 上海シヤンハイ くだ 勿体もつたい うらな 呆気あつけ 呪文じゆもん 咄嗟とつさ くは あへ うはさ 妙子たへこ 射殺うちころ ゆか 拍子ひやうし 旋風つむじかぜ 明日あした 楫棒かぢぼう だま 窓側まどぎは はうき 耄碌まうろく らふ 蝙蝠かうもり 行方ゆくへ ひよ しきり ひたひ 香炉かうろ 一股ひとまた 五味ごみ 何故なぜ 俯向うつむ まま もた 匇々そうそう 印度インド 口惜くや つぶや あざけ 嘲笑あざわら ささや 堪忍かんにん ふさ 声色こわいろ 夢現ゆめうつつ 容子ようす 屍骸しがい ドル 得体えたい 心算つもり たちま 恵蓮ゑれん いよいよ 愛想あいそ さら しばら 気色けしき 火影ほかげ 煙草たばこ ますます 目蓋まぶた 睡気ねむけ にら ろく うかが ののし きも そむ おど 莫迦ばか のぞ
題名が同じ作品
アグニの神 (新字新仮名)芥川竜之介 (著)