“村里”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むらざと68.2%
むらさと13.6%
そんり9.1%
むさざと4.5%
ソンリ4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
利根川汎濫して、に、に、村里に、引殘つて、ぎてもれないで、のまゝ溜水つたのがあります。……
人魚の祠 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
胡桃澤胡桃などゝいふは、山毛欅なぞとじやうに、にはえないで、村里つたえてです。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
張文遠という者だった。村里への配布は張にまかせ、黄昏れごろ、宋江は、役署を出て、いつも見馴れた町角へかかってきた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
や、や、べるものがなくなってしまうと、人間村里ってきます。そして、人間べたり、家畜ったりします。
おおかみと人 (新字新仮名) / 小川未明(著)
コノ四国ハ、二十年余ノ兵乱ニツテ、民屋ハ兵火ニリ、村里ノ業ハ破レ、田野ハ芒草ハレ、五年三年ノ間ハ、、耕農モ整ハズ、五穀ノ満ツル日モナカラン。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)