“溜水”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たまりみず50.0%
たまりみづ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“溜水”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
夕陽は堤防の上下一面の枯草や枯蘆の深みへ差込み、いささかなる溜水たまりみず所在ありかをもあきらかに照し出すのみか、橋をわたる車と人と欄干の影とを、橋板の面に描き出す。
放水路 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
利根川とねがはながれ汎濫はんらんして、に、はたけに、村里むらざとに、みづ引殘ひきのこつて、つきとしぎてもれないで、のまゝ溜水たまりみづつたのがあります。
人魚の祠 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)