“北嶺”の読み方と例文
読み方割合
ほくれい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は何もむつかしい事は存じませぬのでな。その儀ならば南都北嶺にゆゆしき学者たちがおられます。そこに行ってお聞きなされませ。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
北嶺より入山あって、釈迦堂行在所にあてられ、即刻、みことのりを発せられたうえ、坊舎の上に高々と、錦の御旗をおげでおざった
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この北嶺へのぼってからは、何か、今までよりは、仏の側へ、一歩、近づいてきたような心地がして、うれしかった。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)