朱日記しゅにっき
「小使、小ウ使。」 程もあらせず、……廊下を急いで、もっとも授業中の遠慮、静に教員控所の板戸の前へ敷居越に髯面……というが頤頬などに貯えたわけではない。不精で剃刀を当てないから、むじゃむじゃとして黒い。胡麻塩頭で、眉の迫った渋色の真正面を出 …
作品に特徴的な語句
くち おやじ あら きびし ずれ じっ とき 一時あるとき あらたま 怪訝おかし 引被ひっかず あが せなか 蹌踉ひょろひょろ かか 狼狽うろたえ 白眼しろまなこ しずま 砂埃すなッぽこり 阿母おっかさん あが かぶり はだ 一時ひとしきり もと なく こうむ おく にじ ことば いり つめた 滑稽おど ふち おおき 退さが 這出はいで 混雑ごった とわ 撓々たわわ 掻開かっぱだ むらが おのず よじ 斜違はすっか 意味こころ あやし おもい 精々せっせ 覆被おっかぶ わか ゆだ わし 大輪おおわ たしな こら しわぶき 浮々うかうか つま 僥倖さいわい 首引くびッぴ みつ 単衣ひとえもの すさ 午餉おひる 顔色かおつき たまり みん 読本とくほん おとがい 面当つらあ さき わび かど かすか なが 見霽みはら かたわら 引断ひっちぎ 襯衣しゃつ 引覆ひっくりかえ にん 胡乱うろ ひし ちら かか 五合ごんご 熱々つつ ゆす じっ