“雅言”の読み方と例文
読み方割合
がげん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しないで、早く傑作でも朗読するさ。しかし東風君この捧げ方は少しまずかったね。このあえかにと云う雅言は全体何と言う意味だと思ってるかね
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
陛下また宜しくみずからり以て善道を諮諏し、雅言を察納し、ふかく先帝の遺詔を追わせたまえ。臣、恩をうくるの感激にたえざるに、今まさに遠く離れまつるべし。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
婦人は普通の俗字だも知るはにて漢字雅言を知らず仮名使てにをはだにもへずすらこころ得ざるに、ただ言語をのみもて教へてするわが苦心はいふべうもあらず。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)