“加賀守”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かがのかみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“加賀守”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一向釜次郎かまじろうの処から便りがないのでおおいに案じて居ると、丁度ちょうどその時に榎本の妹の良人おっと江連えづれ加賀守かがのかみう人があって
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
これより旬日じゆんじつまへまでは、前田まへだ加賀守かがのかみ治脩公ちしうこう毎朝まいてうかゝすことなくあさひ禮拜らいはいなしたまふに
鉄槌の音 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)