“大久保加賀守”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おおくぼかがのかみ50.0%
おおくぼかゞのかみ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大久保加賀守”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
三年前まで、小田原の城主大久保加賀守おおくぼかがのかみに仕えて、百五十石をんだ山浦丈太郎は、箱根の関所の役人をしている時、同役万田九郎兵衛くろうべえの容易ならぬ非曲を発見し、面責して恥しめられ
大江戸黄金狂 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)