“土井大炊頭”の読み方と例文
読み方割合
どいおおいのかみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
脇坂の部屋を振りだしに榎坂山口周防守の大部屋、馬場先門土井大炊頭、水道橋の水戸さまの部屋というぐあいに順々にまわって、十日ほど前から
顎十郎捕物帳:07 紙凧 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
それで手前は武士のと云われるか、私も手前も、土井大炊頭の家来早川三左衞門の胤じゃないかい、私は子供の時分は清之進と云うたが、どの人相見にせても
闇夜の梅 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
現に江戸初期の長崎貿易は、主として支那からの絹糸の買入れを目あてとしていたくらいで、かの土井大炊頭糸屑の逸話が、読本にもっていて女たちもよく知っている。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)