“銅鍋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あかがねなべ33.3%
あかなべ33.3%
どうなべ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
妙な木製車のついている柱には、血汐の斑痕がありありと分るし、大きな銅鍋には、硫黄色の鉛が蚯蚓のようにこびりついている。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
先日中川さんのお話をって銅鍋青銅鍋は気味が悪くなりましたから銅製の食器を全廃して西洋鍋を買いました。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
赤い毛布ぎ、「カリメラ」の銅鍋や青いを考えながら雪の高原を歩いていたこどもと、「雪婆ンゴ」や雪狼雪童子とのものがたり。