“雪婆”の読み方と例文
読み方割合
ゆきば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
赤い毛布ぎ、「カリメラ」の銅鍋や青いを考えながら雪の高原を歩いていたこどもと、「雪婆ンゴ」や雪狼雪童子とのものがたり。
「さうさう、それでいゝよ。さあ、降らしておくれ。なまけちや承知しないよ。ひゆうひゆうひゆう、ひゆひゆう。」雪婆んごは、また向ふへ飛んで行きました。
水仙月の四日 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
聞えるものは雪婆んごのあちこち行つたり来たりして叫ぶ声、お互の革鞭の音、それからいまは雪の中をかけあるく九疋の雪狼どもの息の音ばかり、そのなかから雪童子はふと
水仙月の四日 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)