“河鍋暁斎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かわなべきょうさい50.0%
かわなべぎょうさい50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その後河鍋暁斎がキヨソネとかいうイタリア人に、絵画と写真との区別心得を示した物を読んだ中にも、実例を出して、似た事を説きあったとえる。
けれども、明治十八年建設当初に、河鍋暁斎落合芳幾をしてこの館の点睛に竜宮の乙姫を描かせたほどのびやかな眩惑は、その後星の移るとともに薄らいでしまった。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)